気象庁の防災情報XML配信を処理してみる その3 -つぶやいてみる-


since:2013-6-15
last update:2013-6-15
前のページへ   目次へもどる


5、Twitterでつぶやいてみる

 安定的に受信ができる様になりましたので、 とりあえずは所在地である西宮市に出される警報・注意報について、Twitterでつぶやくプログラムを 実装することにしました。
 内容的にはDOMでパースして、ひたすら必要な要素を取ってくるだけのものです。

 プログラムの形態としては、
1.HubからのPOSTを受けるプログラム中ですべて処理する
2.一旦ファイルやDBに格納して、バッチやデーモンで処理する
の2種類が考えられますが、今回はまずは1の方法で処理することにしました。

 まず更新通知のfeedで神戸海洋気象台が発表する警報・注意報を識別し、その時だけ個別のXMLを取得するようにします。
 次に取得した個別のXMLに対して、西宮市の部分だけ必要な情報を抜き出し、メッセージを構成します。
 最後につぶやく処理を行なうといった単純なものです。



今のところうまく動いている模様です。
もう少し大規模に処理する場合は、やはり一旦DBなりに格納して、cron+バッチまたはデーモンに処理させる必要がありそうです。
特にSubscriberのプログラムを直接触ってデバッグするのは、 安定運用の観点からもあまり良くなさそうですので、 今後の課題といったところです。


前のページ  [1] [2] [3]  目次に戻る