気象観測装置を設置してみる その3 -気象観測装置とPCの接続-


since:2012-12-29
last update:2012-12-29
目次へ   前のページへ   次のページへ


3、気象観測装置とPCの接続

 続いて、PCとの接続です。今回はPC接続目的でWeatherLinkというソフトウェアとデータロガーがセットになったものも一緒に購入しました。
 USB仕様でもよかったのですが、各種デバイスとの接続互換性の高そうなシリアル(RS232C)仕様のものにしています。

 まずはデータロガーのコネクタにケーブルを接続し、BuffaloのUSB-シリアルコンバーター(BHC-US-1/GP)を経由して、PCと接続します。

接続概要図
接続概要図

 次に付属のCDからWeatherLink6.0.0をインストールします。最後に実行します。

WeatherLinkの画面
WeatherLinkの画面

 無事PCでもモニタできました。使ったPCのOSはWindows7 64bitでしたが問題なさそうです。



次ページ:気象観測装置とRaspberryPiとの接続

前のページ  [1] [2] [3] [4] [5]  次のページ