ARPLA (あ~ぷら)


English



USBカメラ等を用いた惑星等の撮影(録画)を支援するソフトウェアです。
無保証ですが、無償で利用できます。

できること

・USBカメラ写野内への導入を支援するコントラスト強調機能
・フォーカスあわせを支援する、画像コンポジットプレビューおよび隣接ピクセル最大明度差表示
・USBカメラの条件設定を支援する、明度ヒストグラム表示
・指定した時間のAVI形式での出力

動作環境

プログラム動作に必要なもの
・WindowsOS (動作確認済みOSはWindowsXP Pro SP3, Windows 8.1 Pro)
・.net framework 2.0(以上)ランタイム
・DirectX9.0(以上)
・DirectX対応キャプチャデバイス(USBカメラ)
※ユーザーの操作に関わらず自動露出に切り替わるようなカメラには向いていません。

動作実績のあるUSBカメラは以下の通りです。

・Logicool Qcam E3500
・Celestron NexImage
・The Imaging Source DFK21AU04.AS
※動作を保証するものではありません。

動作実績のある可逆圧縮コーデックは以下の通りです。

・UT Video Codec suite (x86,x64とも)
・Lagarith (x86のみ)
・Huffyuv MT (x86のみ)
※動作を保証するものではありません。

説明書

ARPLA説明書

開発履歴等

ARPLA開発日記

ダウンロード

本体

ARPLA ver. 0.5.6 (2013/2/4)

ARPLA_0_5_6.zip(590kbyte)

ARPLA ver 0.5.5.1 (2012/9/18) (旧バージョン)

ARPLA_0_5_5_1.zip(748kbyte)

ARPLA ver 0.5.4 (2012/5/4) (旧バージョン)

ARPLA_0_5_4.zip(740kbyte)


試作品




もどる